発話文章の変更

Last modified on 02/12/2014.

株式会社AQUESTから、音声合成LSI「AquesTalk pico LSI」を設定できるツール「PicoRomWriter」が公開されています。そのため、LSIにあらかじめ登録しておけるメッセージは、簡単に登録することができます。

まず、株式会社AQUESTのホームページからからPicoRomWriterを入手します。「PicoRomWriter」を検索すれば、「PicoRomWriter 音声合成LSI AquesTalk pico LSI 設定ツール」のページが簡単に見つかりました。

PicoRomWriterを用いるとき、最も簡単な方法は、Arduinoのボードをそのまま利用する方法です。USBでパソコンとArduinoボード(AquesTalkPicoが搭載済み)を接続すると準備完了です。PicoRomWriterを起動し、COMポートを設定すると下の画面になります。

picoromwriter

最初に、LSIに現在登録されている情報を得るために、ウィンドウ上部の「Read」を押すと、下のようにLSIに登録されているプリセットメッセージを読み込みます。

picoromwriterRead1

picoromwriterRead2

その後、「Fixed Message」のところに登録したいメッセージを書き込みます。登録したい文章をクリックして選択後、再度クリックすることで編集できるようになります。文章の作成には、株式会社AQUESTの「音声記号列生成 Webサービス」を利用させていただくと、とても簡単に文章を音声記号に変換できます。

picoromwriterWrite

音声記号を入力後、ウィンドウ上部の「Write」を押すとLSIに書き込んでくれます。

picoromwriterWrite1

picoromwriterWrite2

登録したデータにエラーがないか「Verify」で確認し、問題なければ無事登録できたことになります。登録後、スタンドアロンモードやデモモードで実行すると、登録したプリセットメッセージが発話されます。

picoromwriterVerify1

picoromwriterVerify2

設定の全ては、、「PicoRomWriter 音声合成LSI AquesTalk pico LSI 設定ツール」のホームページに記載されています。