電球の点灯【ブレッドボードの配線を知る】

Last modified on 08/27/2014.

mame mame2

小中学校の理科で学ぶ豆電球の点灯回路は下図のような回路です。この回路を基本として、電池の直列接続と並列接続の実験が行われています。また、豆電球を直列接続にしたり並列接続にしたりする実験もあります。この回路で電池をいくらでも直列につないではいけません。これまでの製作でデータシートを見てきたように、豆電球にも電源電圧を設定する必要があります。

まず、豆電球にどれだけの電圧を加えていいのかを調べます。豆電球の金属のところに刻印されている文字を確認してください。ソケットにねじ込むと隠れてしまうところに刻印されています。今回の豆電球には3.8V 0.3A と刻印されています。3.8V の電圧を印加したとき、0.3A の電流が流れて豆電球が光ることを意味しています。この3.8V よりも小さな電圧であれば豆電球の明るさが低下するだけですが、3.8V よりも大きな電圧を加えると豆電球のガラス内部が黒くなりフィラメントが切れてしまいます。

以上のことから、ここでは乾電池2 本の3V を電源にします。このときの回路図を下に示します。豆電球には向きがないので、回路図の記号を見ても向きの区別はありません。したがって、豆電球の上下を逆さにしてもまったく同じ回路図になります。一方、電源には向きがありますので、+極側が長く-極側が短い記号が用いられています。

乾電池をショートしないように気をつけて、ブレッドボードの内部配線を確認してみてください。


電子オルゴール【IC の端子を区別する】     【光と音】      電子ブザー【電源の回路記号に慣れる】