充放電回路【コンデンサの充放電を体験】

Last modified on 08/27/2014.

charge charge2

充電と放電を切り替える回路を考えます。切り替えるためにはスライドスイッチを使います。また、充電と放電では電流の向きが逆になりますので、LED を互いに逆向きにして並列接続しました。その回路は下の通りです。スライドスイッチを電源側にしたときには左のLED を通ってコンデンサが充電されます。スライドスイッチをグラウンド側に切り替えると、コンデンサから右のLED を通って放電されます。

capacitor capacitor2

LED とコンデンサを並列接続した回路も考えてみます。タクトスイッチを押すとLED が光るとともにコンデンサに充電が始まります。充電される電流量が多いときにはLED はあまり光らないことになります。充電が完了すると、コンデンサには電流が流れませんので、LED は強く光ることになります。したがって、LED はゆっくりと光り始めることになります。タクトスイッチを離すと、コンデンサは放電を始めます。電流を流し続けられる間はLED がじんわりとついていて、放電が終わるとLED は消灯します。このとき、LED には電流保護抵抗が付いていませんが、LED が壊れません。コンデンサが流すことのできる電流が少ないためです。ゆっくりとした反応を体験するためには、コンデンサを並列接続して合成容量を増やせばよいことになります。ただし、コンデンサのつなぎすぎには気をつけてください。


いらいら棒【半導体の不思議な動作を知る】     【光と音】     電磁リレー【別電源回路を動かす】