シンプル光通信【接触しないスイッチ】

Last modified on 09/03/2014.

phototr lightcom

LEDとフォトトランジスタを使って光通信をしてみます。手元のスイッチの操作にしたがってLEDが点滅し光を送信します。フォトトランジスタがLEDの光を受信したことをLEDで知らせます。LEDの点灯回路と先ほどのフォトトランジスタを用いた回路を組み合わせるだけで、次のようなシンプルな回路で実現できます。スイッチのあるLED点灯回路が送信機で、フォトトランジスタのある回路が受信機です。破線で囲んだところが光通信をしているところで、フォトカプラやフォトリフレクタの内部と同様の構造です。

回路図では送信側の電源も受信側の電源も3Vにしていますが、当然、異なる電圧を利用することが可能です。電源電圧を変更するときには電流制限抵抗の値を変更してください。また、受信側には受信したことを示すためにLEDを使っています。これをブザーに変更することもできます。


電磁リレー【別電源回路を動かす】      【光と音】      スイッチング回路【トランジスタのスイッチ】