防犯ブザー【豆電球とブザーの電流量】

Last modified on 08/27/2014.

alarm alarm2

豆電球とブザーのそれぞれが固有に持つ特性を利用して、新たな電子部品を追加することなく、新たな機能を持った電子製品を考えてみます。まず、豆電球に3.8V 0.3A と記載されていることから、電源電圧は3V にすることにします。電源電圧が決まったところで、豆電球を点灯してブザーを鳴らすには並列回路を作ればいいことになります。この回路を作ってみると、豆電球は明るく点灯し、ブザーは鳴り続けます。

次に、豆電球とブザーを直列に接続してみます。そうすると、豆電球とブザーが予想を反して面白い動作をします。ブザーと豆電球を直列につなだときには、ブザーの抵抗値が大きいため、豆電球にはわずかな電流しか流れないことになります。その結果、ブザーは鳴るけれど豆電球は消灯されてしまいます。

直列接続の回路を利用して、どうしたら豆電球を点灯できるか考えてみます。ブザーの抵抗が大きいので豆電球は明るく点灯しません。そのため、ブザーを介さない回路を作れば、豆電球が点灯することになります。そこで、上の回路のようにスイッチを取り付けました。この回路によって、スイッチがON のときには豆電球だけが点灯し、スイッチがOFF のときにはブザーだけが鳴る回路ができました。

スイッチのところを引き出しやドアに取り付けてONにしておくことで、それが開いたときにスイッチがOFF になりブザーを鳴らすことができます。そこで、この回路を防犯ブザーと名付けました。豆電球の点灯によって防犯ブザーが待機状態にあるかどうかを判断することができます。


電子ブザー【電源の回路記号に慣れる】     【光と音】      LED 点灯回路【電流制限抵抗を計算する】