ケーブルの端末処理

Last modified on 06/26/2012.

スピーカを接続するためのケーブルの端末処理をしました。

私の場合は下の手順で処理しています。
1.ケーブルをよじる
2.はんだを端につける
3.はんだがいきわたるのを待つ
4.端のふくらみをニッパーで切る
はんだめっきや予備はんだなど、端末処理などをするときにとても大事だと思うんですが、
電子工作の本には基板のはんだ付けの記事はあっても、ケーブルの処理の仕方が載っているのは見かけません。
【電子工作マガジン6号131ページ】にはいくつかの処理の仕方が書いてあり,参考になりました.